会社概要

COMPANY PROFILE

代表挨拶

代表

逆境こそ望むところ。
「顧客」と「社員」の笑顔をエネルギーに、
未来に向かって走り続ける。

福岡トヨタ自動車株式会社
代表取締役社長 金子 直幹

失敗を恐れない熱い『人材力』で、淘汰の時代を勝ち抜く。

 日本経済を取り巻く情勢がますます厳しさを増す中、長期的な視点に立った革新的な戦略と、変化への柔軟な対応力を備えた企業のみが生き残れる「淘汰の時代」を迎えています。

先行き不透明な現状にどの業界も混迷を極めていますが、当社はこの厳しい時代こそ「チャンス」であると捉えています。

 当社は中興の祖・金子道雄が唱え続けた「逆境こそ望むところ」の精神をもとに、度重なる苦難の歴史を成長の原動力に変え、この福岡の地で発展を続けてきました。徹底したお客様視点で、商品や技術に加え、より付加価値の高いカーライフを提案し、地域に信頼のネットワークを構築しています。

 逆境を乗り越え、失敗を恐れずチャレンジを続けてきた当社の答え。それは「人材こそが最大の財産」であるということ。人材の成長こそが会社の成長の原動力であり、この淘汰の時代を勝ち抜き、持続的成長と企業価値向上を実現するためには必要不可欠であると私は確信しています。

目標に向かって自ら考え行動する。自主自立の活力溢れる企業風土を追及

 当社では、社員が自身の仕事に誇りを持ち、仕事の中で努力を重ねて成長し続けられるよう、活力ある職場環境作りを推進しています。

 各種研修のほか、社員によるプロジェクトチームの展開や応対力・接客力を競う社内コンクールの開催など、様々な角度から人材育成に注力。また、全社員の意識調査の実施や、実績だけでなくプロセスも重視した人事評価制度を取り入れ、社員一人ひとりが自己実現のビジョンを描き、目標に挑み続けれられるような取り組みを推進し、やりがい溢れる自主自立の企業風土を構築。

 入社式やスポーツ大会、年末のもちつき大会などには、社員のご家族も招いて一緒に楽しんでいただきます。社員はもちろん、家族の笑顔までも全力で支えていく。これも当社の使命であると考えています。

先進のシステムを土台にしたハイレベルな“攻めの営業”を展開

 当社の仕事は一台でも多くの車を販売すること。車の販売会社として当然の事ですが、一台でも多くの車を福岡トヨタからお客様にお届けし、生活を支え続け、喜んでいただく。それが、これまで当社を育てて下さった福岡の皆様への恩返しだと考えています。

 この使命を全うする為に、各店舗の自主自立を促進。店舗スタッフ全員の総合力を結集して最大成果に結びつける「店舗活用型総合営業」という“攻めの営業”を展開しています。もちろんその“攻め”は高度な分析と情報に基づいており、誘致管理機能、来店客管理機能、商談支援機能などを備えた先進の業務管理システム「i-CROP-J」によって、お客様の幅広い情報を共有。また、最適なタイミングでの訪問活動を実施し、顧客との繋がりを強化。経験の少ない若手であっても能力を存分に発揮できる、アグレッシブな営業体制が当社の強みです。

 弊社は福岡の自動車ディーラーとして、70年にわたり営業活動を行って参りましたが、私はまだまだ発展途上、これからの企業であると考えています。

 これまで数ある壁を乗り越え、着実に成長することができた要因。それは失敗をしなかったからではなく、逆に失敗を恐れず挑戦を続けてきたからに他なりません。「福岡トヨタ」というブランドを100年、200年と発展させるために。今後も社員一丸となって、チャレンジを続けてまいります。

ページTOP